MENU

髪にコシがなくなった方の正しいシャンプーの選び方

年齢を重ねるとどうしても悩みになってくる髪の毛のボリュームとコシの低下。女性は年齢ととも徐々に髪の質が変わっていくため、不安になっている方も多いでしょう。

 

例えば、以下のようなお悩みを抱えている方は多いです。

 

  • 髪の毛が急に柔らかくなった気がする
  • 髪がペタッとしてボリュームが減少した
  • 髪のコシがなくてしなっとしたヘアスタイルになっちゃう

 

年齢を重ねるとよく耳にするのが「髪が少なくなった」というもの。

 

しかし、最近の研究では髪の毛の本数が大幅に減っているというのではなく、一本一本の髪の太さが細くなっていくことで、ボリュームダウンやコシがなくなっていくと感じているようです。

 

女性の場合20代をピークにして、30代に入る頃には毛髪が徐々に細くなっていきます。

 

髪が明らかに抜けて本数が減っている方もいらっしゃいますが、実は髪が少なくなっているかもと気づくのが先で抜けている本数自体はあまり変わっていないこともあります。

 

なぜ髪の毛が細くなるの?

髪の毛が細くなる理由は、たいていの場合毛根の状態に起因するとされます。

 

毛根は毛穴の奥にある部分で、髪の毛の製造工場のような機能を持っている部位になります。ここが加齢によって、徐々に機能が低下していくと、太くてしっかりした髪が生えてきにくくなってしまうんです。

 

若いころは剛毛だったのに、最近落ち着いてきたと感じているかたも猫っ毛になったという方も、毛髪の太さとコシが強い相関関係にあるので、毛根の機能低下を抑えてあげれば、これ以上コシが低下することを抑えることができます。

 

髪の毛を太くするための対処方法は?

毛根の働きを強化するためには、生活リズムの改善と食事を気を付けるということが最も重要です。
日常で心がけなくてはいけないのが、規則正しい生活です。寝る前のシャンプーと十分な睡眠はセットで考えましょう。睡眠時間は5時間以上を心がけ、できれば午前0時には就寝したいところです。(本当は午後10時〜午前2時は生理学上寝ていたい時間です)

 

また、食事もバランスの取れた食事と、食事の時に体に良いものを摂り入れているという気分が重要です。髪の毛はたんぱく質で構成されますので、肉や魚といったたんぱく源は必要ですし、野菜もきちんととりいれましょう。

 

 

ノンシリコンシャンプーも一つの解決手段になります

ノンシリコンシャンプーを使って正しい洗髪方法をとりいれるだけで、毛根のダメージを防ぐことができるのでおススメです。

 

シリコン入りのシャンプーはシリコンが毛穴に詰まると聞いたことがあるかもしれませんが、シャンプーの目的は毛穴の汚れを取り除くことと、頭皮マッサージです。

 

「シリコンが毛穴に入ったらいやだな」

 

なんて思いながら、頭皮マッサージしても気持ちよくないでしょう。実際詰まるかどうかが問題ではなく、気持ち良く過ごすことが重要。そのためにもノンシリコンシャンプーを使うべきなんです。

 

毛穴の詰まりをなくして、血行が良くなることで毛根へ栄養が行きわたりやすくなりますので、すぐに頭皮は良い状態に変わっていきます。

 

頭皮ケアの注意点

毛根の状態が改善されてからしばらく(数か月)経たないと、髪の毛が太くなったことを実感できないので、デキれば同じシャンプーは半年、少なくとも3か月は使ってほしいと思います。

 

特に髪のコシはダメージヘアとは異なり、今対策をしておかないと進行してしまいかねませんので集中的に改善する期間を設けておくことをオススメします。

 

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

髪のトラブルQ&A

管理人について

このページの先頭へ