MENU

髪の毛を乾かすのはドライヤーと自然乾燥どっちが優しい?

ドライヤー,自然乾燥,どっち

 

髪の毛に優しい乾燥の方法が知りたい方は多いと思います。せっかく高級なブランドシャンプーやトリートメントを使っても乾かし方で髪を傷めてないですか?今回は美髪を作るための髪の毛の乾かし方を紹介します。

 

シャンプーをした後の濡れた髪はしっかりタオルで水分を除きましょう。この時にタオルでゴシゴシとこすり合わせてはいけません。いかにも男らしいといいますか、お風呂上りの雰囲気がして気持ちいかと思いますが、髪に対しては良くないんです。タオルでバサバサっと空気を入れるように吹いた方が水分が取れやすいと思いがちですが、髪は傷んでいきます。

 

コンディショナーやトリートメントで毛髪の表面はなめらかになっているのですが、濡れた髪のキューティクルは開いた状態になっています。この状態で擦ったり、乾かさないで眠ってしまうと、キューティクルがはがれて、切れ毛や枝毛を引き起こします。

 

タオルドライを行う時には、

 

優しく丁寧に髪の毛をタオルではさみ、軽くトントンと叩くようにして水分をふき取っていきます。

 

タオルもできるだけ柔らかい今治タオルのような上質なものの方が髪にやさしく、効果的に水分をふき取ることができて良いと思います。

 

また、タオルドライを行った後は、自然乾燥が最も良いとされています。

 

湿ったままでは傷むという先入観があると思いますが、これは横になったり、帽子をかぶったりしたときに擦れる状態になるときだけは問題になります。

 

一般的に髪の毛は熱に弱いのでドライヤーは使わない方が美髪になれると思います。

 

ドライヤーの正しい使い方

それでもやっぱりドライヤーは使わなくちゃ!

 

時間がないOLさんなども多い時代ですので、ドライヤーは必要になってきますよね。できるだけ短時間で乾かすためにドライヤーの正しい使い方をお伝えします。

 

まずは十分にタオルドライをします。濡れた状態ですと髪の毛が濡れている場所と水が残っている場所の不均一が起こりやすいです。濡れたところを乾かそうとするので、そもそもうまくふき取れている部分の髪の毛には過剰な熱がかかってしまい、キューティクルを傷めてしまうんです。

 

髪の毛全体を乾かすときには、「High」に設定し、風を強くして使うと思います。この時には髪から10cm以上離して、近づけ過ぎないように注意しましょう。また、一か所に集中して熱風が当たらないように、手は疲れてしまうかもしれませんが、常にドライヤーを動かすように心がけてください。髪の毛が温まってきたら、冷風に切り替えてなるべく髪の毛の温度を低く保ちましょうね。

 

 

 

 

 

 

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

管理人について

このページの先頭へ