MENU

椿油が髪の毛に良い理由|伝統的なヘアケア製品の謎

現在多種多様なヘアケア製品が市販されています。シャンプーやトリートメント、髪の乾燥防止のためのクリームなど。
髪の傷みに効くという文言で髪補修剤のような製品もでておりますが、これはシリコンなどで一時的に髪の滑りを良くしているというだけなんです。枝毛やダメージヘアに確かに洗った直後はすべすべになったような気になりますが、根本的な解決にはなっていないんです。

 

そんな中、近年古くから日本で使用されている椿油が再注目されています。ノンシリコンシャンプーやトリートメントにこの椿の成分を入れているものもかなり多くなっていますね。

 

 

椿油って何?なぜ髪に良いのか

椿油(ツバキ油)は昔から日本で頭皮や毛髪の健康を保つために使われてきました。ツバキ油はヤブツバキの種を乾燥させたのち、粉砕した後に出る油を搾りとったものを原料にしています。この搾って出た油を濾過し、生成して毛髪用の椿油や精製椿油が出来上がります。

 

このツバキ油が髪や頭皮を健康に保つために使われてきたのは、ツバキ油の優秀すぎる特長によるものです。

 

  • 日本人の皮膚になじみやすい
  • 皮膚への刺激が低い
  • 毛髪の水分を保持する能力が高い
  • 紫外線を保護できる
  • 熱によるダメージを防ぐことができる
  • 静電気の発生を防ぎ、摩擦や乾燥を防ぐことができる
  • 毛髪の強度を上げる

 

 

これだけの良い条件があるのですから、現代の最新のヘアケア製品に使われるのもうなづけますね。
ツバキ油そのものを使っても良いですが、椿油が入ったシャンプーなど、手軽に美髪を作れる商品を利用するのも選択肢の一つとして良いと思います。

 

 

このページの先頭へ