MENU

【意外と知らない】オーガニックと自然化粧品の違い

化粧品を選ぶときに、添加物が苦手な方は自然派のものを利用することになります。

 

ネット通販などで、いろいろ調べてみると「オーガニック化粧品」と表示されているものと「自然化粧品」と言われるものがあることに気付きます。

 

一般的には自然に存在する植物などの成分をそのまま利用して作られたものを自然化粧品とし、さらに自然成分を作る時に農薬の量や肥料の種類などに厳しい基準が設けられているものをオーガニック化粧品とする解釈が一般的です。自然派の皆さんからすると

 

「オーガニック化粧品」>「自然化粧品」>>>「合成(化学)化粧品」

 

となるでしょう。

 

 

ただし、注意しなければならないのはこの違いについて日本には公的な基準がないということです。

 

化粧品を取り扱う会社によって解釈を変えていることもあるようですので、「オーガニック」の文字があるからと言ってすぐに選んではいけません。内容はしっかり記載がされているものが多いので確認してから購入しましょう。

 

また、「オーガニック」についてはヨーロッパでは厳しく管理されており、いくつかの認証機関もあります。こちらで認証を受けることができると、製品に認証名とオーガニックの表記が可能になります。認証の基準は機関によって異なるので、どの機関の認証なら自分は安心できるのかという基準を自分の中でも決めておく必要があります。

 

 

オーガニックの認証機関・団体について

化学肥料や農薬を全く使わないで栽培された植物をオーガニック植物と呼びます。化粧品の場合には多くの成分を混ぜ合わせて作られるので、すべての材料をオーガニック植物でつくるのは難しいので認証機関のいくつかでは

 

「原料のうち○○%以上が植物由来成分であり、さらに植物原料の○○%以上がオーガニック植物であること」のように2段階で条件を決めていることが多いです。

 

このようなオーガニックの認証機関としては

  • COSMOS
  • ECOCERT
  • NaTure(EU)
  • BDIH

などが有名です。気にされる方はよく見かける名前ではないでしょうか。

 

実際に国内で作られるノンシリコンシャンプーのいくつかは、わざわざヨーロッパの認証を受けているものもあります。

 

その中でも、当サイトの一押しはドットエヌ(.N)という国産のオーガニック原料にこだわり抜いたシャンプーです。香りもサイプレスの癒し効果でリラックス効果を実感できます。このシャンプーは国内で初めてのCOSMOS認証を得たヘアケア製品としても知名度が上がっている、注目のシャンプー。ただのオーガニックというだけでなく、国産という安心が加わっているので非常に嬉しいですね。

 

>>ドットエヌのレビュー記事を確認する

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

髪のトラブルQ&A

管理人について

このページの先頭へ