MENU

ノンシリコントリートメントの特徴と注意点はコレ!

最近ではシリコンが入っていないシャンプーとしてノンシリコンシャンプーが人気があります。

 

シリコンがない方がよいといわれる理由としては

 

 

  • 人工のプラスチックである
  • 毛穴に詰まる
  • シリコンが髪に付着するとカラーリングがしにくい

 

 

ということが言われます。中にはシリコンは蒸発するとかいう情報もありますが、蒸発しない液体なんて世の中にないです。毛穴に詰まったら水だって飛びにくいのは当たり前でしょう、シリコンもどうように一度毛穴に入ったら蒸発しにくい状態になります。

 

 

シリコンで髪の毛がすべすべになる?

トリートメントに含まれている場合には床にワックスを塗るのと同じように、水でおちにくいプラスチックを塗っているので髪の毛の手触りがシリコンによって良くなる効果は間違いないです。

 

ただし、髪そのものに栄養を与えたりする効果はなく、毛穴に詰まると雑菌の繁殖を促進して結果として抜け毛や細毛をつくってしまうことになりかねません。

 

可能であればノンシリコンのトリートメントを使いましょう。

 

 

ノンシリコンシャンプーとセットのトリートメントはシリコン入っている?

ノンシリコンシャンプーが流行し、髪の毛に優しい洗浄ができるようになりました。しかし、ドラッグストアなどで販売されているノンシリコンシャンプーの多くがコンディショナーやトリートメントにシリコンが入っているということを知らずに使ってしまっているのが実情です。

 

開発者は頭皮にさえシリコンがなければ良いと考えているようですが、どうしてもトリートメントをするときには、頭皮にも多少は付着します。これが毛穴に影響がないとは言えないので、しっかりとトリートメントにもシリコンが入っていないものがおススメです。

 

 

 

シリコン入りのトリートメントの効果

 

シリコンは頭皮には良くないのですが、艶を出すなどの効果はあるとお伝えしました。シリコン配合とノンシリコンのトリートメントはそれぞれどんな利点があるのか見ていきましょう。

 

シリコン入りを使っても良い方

  • 髪の毛量が十分多い方
  • 髪のダメージが深刻な方
  • 使い慣れたトリートメント以外は使いたくない方

 

 

ノンシリコントリートメントの利点

  • 将来の薄毛、抜け毛が心配の方
  • 添加物が苦手の方
  • 正常な髪を作る2か月を待てる方

 

 

 

ノンシリコントリートメントは強力なコーティング剤であるシリコンと比較するとダメージを抑える即効性は低いです。綺麗に見せることよりも、今ある髪の補修に重きを置き、一番の目的は次に生えてくる髪の毛を美しくするというところにあるんです。

 

 

ノンシリコントリートメント購入時の気を付けるポイント

 

「ノンシリコン」を購入したいと考えて、ご自身で成分表を見て選ぶ場合に注意していただきたいポイントがあります。

 

それは、

 

名前違いのシリコンが入っていないことを確認する

 

ということです。

 

 

シリコンは名前が違う物質名がつけられており、ひどい商品ではノンシリコンと言いながらこの別名の添加剤を入れていることがあります。

 

化学的にはシリコンと同系統といわれる成分名として

 

ジメチコン、シリル〜、ジクロメチコン、アモジメチコン、〜シラン、シリル化〜、〜ポリマー

 

 

意外とわからないけど、すべてシリコンの仲間です。せっかくノンシリコンシャンプーで守った頭皮をトリートメントで台無しにするような商品も薬局で売っているような商品では多くあります。

 

安さも重要ですが、その後のケアのことを考えると正しい知識でシャンプーセットを選びたいものです。ご自身で判断される場合には成分について正しい情報を知っていただき、髪と頭皮に優しいトリートメントを見つけてもらいたいと思います。

 

 

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

髪のトラブルQ&A

管理人について

このページの先頭へ