MENU

市販シャンプーのシリコンって髪に悪いの?

最近ノンシリコンシャンプーが流行っているけれど、シリコンは身体に悪いのか髪に悪いのか理解できていない人も多いと思います。実際のところどうなんでしょう。

 

そもそもシリコンとは、人工的に作られた樹脂(プラスチック)になります。化学の時間に習った構造式というもので書いてみると

 

シリコン,悪い,市販シャンプー

 

こんな感じです。
これを応用して硬くしてあげると、

 

シリコン,悪い,市販シャンプー

 

こんなキッチン用品になったりするんです。すべりが良くてお弁当の仕切りや、フライ返しやおたま、まな板など最近は多くの商品が出ていますよね。
他にももっと想像しやすいのが、

 

シリコン,悪い,市販シャンプー

 

床に塗ってすべりと輝きを追加するワックスです。シリコンコーティングと調べると結構な数が出てくると思います。これを髪の毛に塗って悪いことはあるか、害はあるのかないのかのお話をしているんですよね。

 

確かにシリコンを塗れば一見するとツヤは出るし、指通りも良い。

 

ただ残念ながら髪の毛も、床の板と同じように痛んだ部分そのものを治す力はシリコンにはないのです。ノンシリコンシャンプーの口コミでこんな乾燥を効きませんか?

 

「洗っているとキシむ」とか「泡立ちが悪い」とか。

 

これは全くその通りで、市販のシャンプーで傷みに傷んだ部分が表に出てくるのだから、軋みもしますよね。治そうとしてこなかったんだから。泡立ちが悪いのも確かに泡立てるための添加剤が入っていないというのもあるけれど、それ以上に髪にべっとり付いてしまったワックスのせいで泡立ちは悪くなってしまうんです。髪の毛がしっかり入れ替わるまでアミノ酸系のノンシリコンシャンプーなどを使ってみてください。驚くほど髪のツヤは復活しますので。

 

シリコン,悪い,市販シャンプー女性にオススメのノンシリコンシャンプーランキングはコチラ

 

 

 

 

市販のシャンプーは何が悪いのか

このサイトで紹介しているような、サロンシャンプーと呼ばれる良質なシャンプーと市販のシャンプーは何が大きく違うのでしょうか。

 

実はたくさんの違いがあるのですが、最も大きな違いは洗浄成分です。
シャンプーの裏側の成分表をご覧になったことはありますでしょうか。この中に入っていたら避けたほうが良い成分があるんです。

 

それは石油系界面活性剤です。

 

ラウリル硫酸Na(ナトリウム)やラウレス硫酸Naといったものです。この成分はとても安く、洗浄力が強力、洗い心地を左右する泡立ちが良いという理由で使われているんです。

 

「身体には良いかは言わないけれど、利益の出る原料」としてシャンプーメーカは使っているんです。こわいですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ