MENU

正しいノンシリコンシャンプーの洗い方|泡立て洗いの嘘・ホント

自分に合ったシャンプーは見つかりましたでしょうか。髪質やお好みの香りなど好みに合う、性能や特徴のあるノンシリコンシャンプーが見つかったら、次は正しい髪の洗い方を覚えていく必要があります。

 

ここで髪を洗うと書きましたが、実際に洗うべきは「頭皮」なのです。外に出ると排気ガスやほこりなどで確かに髪の毛も汚れますが、意外と簡単に洗浄できてしまいます。問題は頭皮と毛穴に詰まっている脂成分になります。

 

 

シャンプーは泡立ててから洗うと良く落ちる?

シャンプーは手でしっかりとモコモコにしてから髪の毛につける方法が良いと信じている方がいらっしゃるようですね。泡で転がすように洗うと綺麗になるというものです。確かに泡立つくらいの状態で、洗浄力は上がるように設計されているのですが、この方法は間違いです。

 

洗浄力高いのに、間違いなの?

 

 

この謎は、すべて頭皮に対して洗浄成分がいきわたるかというところに尽きます。

 

泡立てたっぷりのシャンプーを髪の毛につけたとしても、残念なことに頭皮にはなかなか到達しにくいのです。泡が髪の毛に引っかかってしまうんです。

 

逆にシャンプーをそのまま頭皮につけるのかというと、これもNG。シャンプーだけでは油は綺麗にならないのです。程よく水と混ざった程度の状態で頭皮につけるのが正解です。

 

 

その目安は、ノンシリコンシャンプーのテクスチャにもよりますが、シャンプー1に対してお水2のイメージが良いでしょう。

 

泡立ちは良ければ、洗い心地は良いですが。モコモコさせなくても充分に頭皮を洗うことが可能です。

 

 

 

シャンプーするときの正しい手の動かし方

 

シャンプーの正しい頭皮へのつけ方がわかったところで、正しい洗い方(手の動き)を学んでいきましょう。

 

正しい手の動かし方をマスターすると、洗剤と髪の毛が接している時間が短いために頭皮の状態が改善するだけでなく、髪へのダメージも軽減できるんです。

 

頭皮にシャンプーをなじませた後は指の腹をつかって、頭皮表面を洗いましょう。この時の手の動きは

 

「なでるように」

 

が正解です。
そして頭皮に触れたら、細かく振動させるように頭皮を刺激しながら洗っていきます。動きを小さくするのは髪を引っ張って、抜けることや濡れた状態での髪の摩擦によるダメージを防ぐ効果もあります。

 

つい力を入れて洗いたくなると思いますが、正しいシャンプー選びをしている方はその必要がないんです。必要以上の力なく洗うことが美髪になるために必要な方法になります。

 

 

頭皮表面が洗い終わったら、次は毛穴の中を綺麗にする工程にはいります。
実は頭皮の毛穴の中には余分な皮脂がたっぷり詰まっています。この内部の皮脂を綺麗に取り除くと皮膚呼吸も促進できますし、頭皮用の美容液の浸透もより効果的に行われることになります。

 

この毛穴にある皮脂を取り除く洗い方ですが、

 

「絞り出し洗い」

 

が良いと思います。実は皮脂は毛穴の深くから出ているので、しっかりと揉むようにして洗い出してあげなければなりません。こちらも指の腹の部分をくっつけて洗います。しっかりと両手を使い、左右の指がわずかに交差するくらいの感覚で絞り出し洗いを行ってください。

 

皮膚のマッサージを兼ねていますので、なるべく頭皮全体が動くように洗ってください。擦るのではなく、絞るように洗うのが綺麗な頭皮を作る洗浄方法になります。

 

 

 

 

 

 

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

管理人について

このページの先頭へ