MENU

あなたはどれに近い?頭皮のタイプチェック方法

シャンプー,どれ,頭皮,タイプ

 

自分にあったシャンプーを探している方、全く使うシャンプーすべて調子が悪いという方は、自分の髪質や肌質を理解できていないことが考えられます。

 

化粧品の場合には実際に試供品を試したり、成分を入念に確認しているのにヘアケアとなると適当に選んでいないでしょうか。

 

特に30歳以降から女性は頭皮のタイプをしっかり見極めておかないと必要以上に頭皮にダメージを与え続けてしまうことになりかねません。フケ、抜け毛、細毛といったお悩みはすべて頭皮のタイプとシャンプーの相性が悪いことによるといっても過言ではありません。

 

そのために、まずは頭皮のタイプを見極めるチェックをしてみましょう☆

 

 

頭皮タイプのチェックテスト

頭皮タイプのチェックは実はかなり簡単に出来てしまうのです。1時間もあれば完了しますので是非お試しください。

 

いつも通りにシャンプーする

頭皮の汚れを取り除くつもりで、シャンプーしてください。
テストの時にはコンディショナーやトリートメントはつけないでください。

 

タオルドライをする

こすらないでタオルドライをしてください。
※髪が痛みますのでゴシゴシこすってはいけません。

 

シャンプー,どれ,頭皮,タイプ正しい髪の毛の乾かし方の記事の前半部分を確認してください。

 

頭皮の皮脂が出てくる時間を測定する

タオルドライをしてから、どれくらいの時間で頭皮に皮脂が出てくるかをチェックします。チェック方法も手で確認するという本当に簡単な方法です。

 

指の腹で頭皮を触ればOK

 

触った部分に脂を感じれば(わずかにテカテカします)、頭皮に皮脂が出てきたことがわかります。
そのときの時間を記録して、以下のタイプチェックに進んでください。

 

 

チェックテスト0〜20分の方

シャンプー,どれ,頭皮,タイプ

 

脂分の出やすい体質のようです。お悩みには臭い、べたつき、時間経過でボリュームダウンのいずれかのお悩みがあることと思います。

 

この方は、べたつきやすいのでどうしても念入りにシャンプーをやりがちです。ただ過剰に頭皮の脂を抑えてしまうとより皮脂が分泌されていく可能性があります。

 

やるべきことは3つ

 

@シャンプーの洗浄力の良いアミノ酸系洗浄成分のものを選定する。
シャンプー,どれ,頭皮,タイプ洗浄力のあるアミノ酸系シャンプーを確認する

 

 

Aシャンプーのやり方を変える。
現在は、かなり頑張って頭皮洗浄しているかと思いますが、これを一度変えてみましょう。
シャンプーの回数を適度にとどめ、シャンプーの後のすすぎの時間を長めに取ってください。程よく脂を落としてあげるのが狙いです。

 

 

B食生活を変える
このままですと、どうしても夕方くらいから髪が脂っぽくなってしまったり、臭いが出てしまいますので徐々に体質を変えることをおすすめします。
まずは脂っこい食べ物や辛いものの食べ過ぎに注意しましょう。野菜を少し増やす努力でも違いが出る可能性があります。

 

 

 

チェックテスト20〜40分の方

シャンプー,どれ,頭皮,タイプ

 

標準的な頭皮の状態の方です。頭皮の状態は健康な状態に保たれやすい体質のようですので、髪のダメージによる切れ毛、枝毛、ツヤがない、コシがないなどの髪の毛の補修に注力するのがよいかと思います。

 

シャンプー,どれ,頭皮,タイプダメージヘアの方に相性の良いシャンプーの記事はこちら

 

また、季節によって大きく体質が変わる方もいらっしゃるようですので、冬にフケが出やすいなどの症状が出ている方はそのときに改めてチェックしていただくのがよいと思います。

 

 

チェックテスト60分以上の方

シャンプー,どれ,頭皮,タイプ

 

60分立っても頭皮に皮脂を感じられなかった方は、乾燥頭皮の方です。フケやかゆみ、相性の悪いシャンプーによるかゆみが発生しやすい状態にあります。脂性の強いタイプと比較すると普段の悩みは少ないのかもしれませんが、年齢を重ねるごとに心配事が増えるタイプです。今のうちに対策をしましょう。

 

これは明らかに洗浄力の強い、あるいは頭皮と相性がよくない薬品が入っているシャンプーを使っているために起こるといわれています。まずは洗浄力を落としたシャンプーをどれでもよいので選んで使ってみてください。
洗浄力さえ下げてあげれば、簡単に状態は改善すると思います。まずはすぐに始めることに意味があるので、値段が安いもの、香りが良いと評判のものなど気に入ったものがあったら購入してみてください。

 

シャンプー,どれ,頭皮,タイプ乾燥頭皮の方のシャンプーの選び方の記事を確認する

 

 

シャンプーを変えたけど、少ししか改善されない方は、

 

シャンプーを次の候補に変更する
休日はシャンプーを使わずすすぎだけにする

 

頭皮の状態が悪いと、将来抜け毛やハゲ、細毛になるなどの影響を受けますので、早めに相性の良いシャンプと巡りあってください。

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

管理人について

このページの先頭へ