MENU

女性の髪は美しさに影響するため重要な問題になります。特に白髪は一気に年齢を上に見せてしまうのでできれば黒髪を保ちたいでしょう。

 

今回は髪の色が変わるメカニズムと遺伝性についてみていきます。

 

髪の毛の色はどうして決まってくるの?

髪の毛の色は、色素とその配合で決まってきます。

 

毛髪の主要な成分はケラチンという名前のたんぱく質です。色はこのたんぱく質にはついていません。色素は毛母細胞にあるメラノサイトという場所でつくられ、その成分名は「メラニン」です。日焼けをして肌の色が黒くなるのと同じ成分系になるのは意外かもしれません。

 

髪の毛の色が茶色いかたと黒い方がいると思いますが、これは生成されるメラニンには2種類があり、この配合量が異なることによります。2種類のメラニンは

 

  • ユウメラニン
  • フェオメラニン

 

と呼ばれ、ユウメラニンは黒色。フェオメラニンは薄い茶色の色に見えます。この配合量に加えて毛髪の量によって光が当たったときの髪の毛の色味が茶色っぽい方と黒い方が出てきます。

 

白髪の原因はこれらメラニン色素の生成能力が低下したり、メラノサイトが刺激や加齢によって欠損することによって起こります。

 

 

白髪は遺伝性なの?

白髪は毛根部のメラノサイトがなくなったり、生成能力が少なくなって起こるのですが、遺伝によっても発生するといわれています。

 

ただし、原因として最も有力なものは加齢によるメラノサイトの機能低下です。平均的には30代から白髪の発生量は増えるのですが、これは個人差が大きく20代から多く白髪が出てしまう方も少なからずいらっしゃいます。

 

白髪対策としては、頭皮にあるメラノサイトへの刺激を少なくすることと、強いストレスがないように心を整えることが重要になります。

 

 

 

ストレスを感じない心の持ち方

ストレスは自分の感覚や希望と現実が離れていることによって発生します。例えばお友達などに強い怒りを感じた時には、その友人の希望する姿が自分の中で確立しており、思い通りになっていないことから起こるといわれます。お友達のことを大切に思っているからこそ発生する感情なのですね。ストレスを感じる方は自分が優しいということを認識することと、友人には友人の感じ方があるので、あなたが変えられることなどないとあきらめることが大切です。

 

また、不安もストレスの大きい感情になりますが、こちらも力を抜いて考えると良いです。他人はそれほどあなたが成功するか失敗するかに興味がないものです。将来の不明確なことを憂うよりも、現時点でできることをやるしかないのです。これが理解できると自然と「まぁいっか」という心境に変化することができます。

 

他にもストレスを感じた時には、自分の感情がなぜ起こっているか落ち着いて観察すると効果があるので是非試してみましょう。

 

 

白髪対策になるシャンプーってあるの?

白髪対策になるシャンプーは私も実際いくつか試してみました。私だけでは判断できませんが口コミサイトなど情報を集めてくると、いくつかのノンシリコンシャンプーが頭皮に優しく効果があるという傾向が見られます。

 

特に効果が高いという意見が多い物として、

 

白髪,原因,遺伝 CA101(シーエー101)

 

白髪,原因,遺伝 haru「黒髪スカルプ・プロ」

 

があります。

 

20代〜30代前半の方でしたら、haruの方が香りも爽やかで良さそうです。このシャンプーはトリートメントをつけなくても良いというオールインワンタイプのノンシリコンシャンプーで非常にお手軽に購入できます。30代以上の女性で、すぐにでも白髪を減らしたいだけでなく、抜け毛も気になるという方はCA101の方をまずは選択しましょう。

 

また、大切なのは自分の髪質・肌質にあったシャンプーを選ぶことになりますので1か月使って効果を強く感じられないようであれば他のものに切り替えていく決断力も大切です。

 

参考になる記事

白髪,原因,遺伝

白髪の増加を抑制する効果があるとされるharu黒髪スカルプというシャンプーを試したことがあります。
口コミでは白髪が増えなくなっただけでなく、髪質も改善したという声が多くありました。

 

 

白髪,原因,遺伝黒髪を維持するためのシャンプー「haru」の記事はコチラ

 

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

髪のトラブルQ&A

管理人について

このページの先頭へ