MENU

巻き髪に必須のアイロンコテの守っておくべき選び方

女性らしい髪型の代表的なモノである巻き髪、アイロン一つでふんわりとおしゃれな髪型になるので、ミディアムからロングまで幅広く利用されます。

 

寝ぐせを気にしなくていいから楽

 

なんて話もよく聞く話です。女性のエレガントさを表現するのにこれ以上ない便利な髪型ですが、ともするとそのゆるふわなニュアンスも髪にとってはNGだったりするから要注意。

 

今回は髪の毛に優しいアイロン選びに是非役立つ情報をお届けします。

 

超重要!アイロン選びのポイントは温度

巻き髪を作るのにアイロンやコテはたくさん発売されています。

 

大型電気店に行くと種類がたくさんありすぎて、どれが良いのか悩んでしまうでしょう。今回は各メーカーの商品ブランドに惑わされずに髪の毛に優しいアイロンの条件をお伝えします。

 

髪を守るために最も重要なポイントは「120℃以下の温度に設定できること」です。

 

アイロンの温度は60℃〜200℃の範囲でさまざまな商品がでています。理想的には自分のタイミングで低温に設定できるもの。しかも低温設定が120℃以下で複数設定できるものだと髪のダメージを抑えながら巻き髪を作ることができます。

 

120℃以上で髪の毛が傷む理由

髪の毛は生きている細胞ではないので、一度傷んでしまうと直接的な修復ができないことが知られています。アイロンで巻き髪を作る時になるべく120℃を越えないようにするのは、水の蒸発を防ぐためです。

 

お水は100℃で沸騰を始めますが、温度が温まるまで時間がかかりますので髪の毛に100℃をあててもすぐには蒸発は開始しません。一方で120℃となると触れた部分のお水が急激に水蒸気になってしまうのです。熱したフライパンにお水をたらすとジュッと音を立てて一瞬でなくなってしまいますよね。

 

髪の毛は水分が蒸発すると、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

 

なかなか巻きにくいからといって高い温度で長時間カールをつけてしまうと一気に髪の毛がぼろぼろになってしまいます。なかなかカールが付きにくい方は髪を保護するために保護用のスタイリング剤を付けてから行うことで、少しはダメージを抑えられると思います。(長時間は良いけど、高温はそれでもダメです。)

 

 

 

温度が調整できない時の裏技

すでに持っているアイロンに思い入れがあって新しいものを購入したくないという方もいらっしゃるでしょう。私はそれでもなるべく髪の毛は守ってほしいので、今回は温度を調整する方法を教えますね。

 

一つ目は

 

髪を巻いてから電源を入れる

 

髪を巻く前に電源を入れず、冷めた状態から巻き髪を開始する方法です。この方法にすると時間はかかってしまいますが、髪を傷めるリスクが大幅に減少します。

 

もうひとつは

 

濡れたタオルでアイロンを冷やす

 

これは時間も短縮できる方法です。注意点はやけどしないようにすることです。

 

濡れタオルを準備して、厚くなり過ぎたアイロンを都度タオルをあてて冷まして髪に巻き付けましょう。ただし、電源が入っている状態ですので徐々に温度が上がっていきます。同じ位置の加熱は20秒程度にとどめてあげる必要があります。

 

関連ページ

雨が降ると髪の毛が広がるのはなぜ?
雨の日や梅雨時期など環境の湿度が高くなると、どうも髪の毛が広がってしまう。多くの方の悩みだと思います。
頭皮のダメージがひどい時はホホバオイル
普段以上にフケが気になったり、かゆみが出てきた時には頭皮を集中ケアしてみましょう。市販シャンプーで傷んだ頭皮をカバーすることができます。
髪の毛はUVで傷むって本当?
髪の毛がUV(紫外線)で傷むかどうか、私自身ダメージヘアで悩んでいたので、調べてみました。
パーマやカラーがすぐに取れてしまうのはなぜ?
パーマやカラーリングがどうしてもすぐに取れてしまう。髪質のせいにしてませんか?実はこれも髪の洗い方にコツがあるんです。
キューティクルが傷んでいても髪をきれいに見せる方法
髪の毛は一度傷んでしまうと、自然にキューティクルが回復するなど髪の自然治癒力というのは存在しません。そんな傷んだ髪の毛でも綺麗にみせる方法について紹介します。
髪の毛を洗っても夕方に臭う(におう)、どうして?
毎日しっかり髪を洗っているのに、なんか髪の毛がベトベトになる。夕方になるとどうも臭いが気になる。頭皮に皮脂の多い方に良く聞くトラブルですが、どうしたら防げるのでしょうか。
パーマやカラーで髪が傷まなくなる方法は?
美しくあるために髪のカラーを明るくしたり、パーマでニュアンスをつけるのは大切なこと。髪の毛を守るために気を付けることはあるのでしょうか。
髪の毛が静電気でまとまらない|髪の毛の困りごと
毎年冬になると静電気のせいで髪の毛がふわふわって、広がってしまうことありますよね。 広がるからスタイルが決まらない!朝時間がかかって仕方がないという方、実は静電気は広がるというだけでは済まされない問題なんです。
トリートメントの量は多いほうが効く?
女性のダメージヘアの改善にはトリートメントが欠かせません。このときのトリートメントの量は多い方が効きやすそうだけど、実際どうなんでしょう。
冬だけ髪の毛に静電気がたまる方必見の対策教えます
冬場はなぜか静電気がたくさん発生しますよね。そんな季節限定で静電気が出てしまう方にオススメの対策方法を教えます。
抜け毛には頭皮マッサージはマスト!やり方公開します
女性の抜け毛には頭皮のマッサージが重要です。頭皮の血行とリラックスで髪のボリュームアップが可能です。
白髪ってなんで白くなる?遺伝性って本当?
女性の髪は美しさに影響するため重要な問題になります。髪の色が変わるメカニズムと遺伝性についてみていきます。
髪を洗うと髪の毛が抜けてしまうの大丈夫?
シャンプーした後で排水溝を見ると、髪の毛が大量に抜けている!?怖くて毎日洗うのをやめたり、軽く流す程度にすることはないでしょうか。その抜けが大丈夫か見ていきましょう。

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

髪のトラブルQ&A

管理人について

このページの先頭へ