MENU

パーマやカラーで髪が傷まなくなる方法は?

髪の毛に良いシャンプーを紹介していると、多くの方から質問をいただくようになりました。

 

その中でもかなりの問い合わせをいただいているが「カラーリングで髪が傷まない方法はありますか?」「パーマをかけたいけれど髪が傷まないよう気を付けることはありますか?」というものです。

 

いずれの場合にも私が適当だと思う回答は「美容師さんと相談しよう」です。

 

髪をなるべく傷めないでカラーリングしたい場合には、かならずサロンで染めるようにしましょう。自分で染めると新生毛や既に染まっている毛を一緒に染めてしまいます。このようにすると何度も染められる髪の先端側は髪の痛みが激しくなります。

 

また、美容師さんは数多くのパーマやカラーリングの薬剤を持っています。この知識を含めて料金を支払うわけですから、髪を大切に思うのであれば専門家を頼りましょう。

 

きっとあなたの髪質や髪型に合ったものを処方してくれるはずです。

 

 

相性の良い美容師に出会う方法

良い美容師さんにであったことのない方は、まずは個人経営のお店を渡り歩くことをお勧めします。

 

大型の美容室はおしゃれな雰囲気で気分は良いのですが、どうしても

 

美容師さんが辞めてしまう
担当の方が他の方も一緒に手掛けることがある
担当外の方がカラー担当をすることがある

 

など、自分の髪を知ってもらう上でどうしても回避しておきたいネガティブな条件があります。個人店、個人経営のお店の場合には美容師さんが固定されているのでこのような心配がなくなります。また、お店のコンセプトをしっかり希望と合わせれば自分に合ったカラーリング剤などを選んでくれている可能性も高いです。(不思議ですが、この傾向はどの土地に行ってもありました)

 

流行のスタイルを追い求めるのも顔立ちや髪質を理解してもらってこそ、魅力を引き出してもらえるもの。

 

こちらの要望を理解してくれながら、できることとできないことをしっかり説明してくれる美容師さんを選ぶようにしましょう。

関連ページ

雨が降ると髪の毛が広がるのはなぜ?
雨の日や梅雨時期など環境の湿度が高くなると、どうも髪の毛が広がってしまう。多くの方の悩みだと思います。
頭皮のダメージがひどい時はホホバオイル
普段以上にフケが気になったり、かゆみが出てきた時には頭皮を集中ケアしてみましょう。市販シャンプーで傷んだ頭皮をカバーすることができます。
髪の毛はUVで傷むって本当?
髪の毛がUV(紫外線)で傷むかどうか、私自身ダメージヘアで悩んでいたので、調べてみました。
パーマやカラーがすぐに取れてしまうのはなぜ?
パーマやカラーリングがどうしてもすぐに取れてしまう。髪質のせいにしてませんか?実はこれも髪の洗い方にコツがあるんです。
キューティクルが傷んでいても髪をきれいに見せる方法
髪の毛は一度傷んでしまうと、自然にキューティクルが回復するなど髪の自然治癒力というのは存在しません。そんな傷んだ髪の毛でも綺麗にみせる方法について紹介します。
髪の毛を洗っても夕方に臭う(におう)、どうして?
毎日しっかり髪を洗っているのに、なんか髪の毛がベトベトになる。夕方になるとどうも臭いが気になる。頭皮に皮脂の多い方に良く聞くトラブルですが、どうしたら防げるのでしょうか。
髪の毛が静電気でまとまらない|髪の毛の困りごと
毎年冬になると静電気のせいで髪の毛がふわふわって、広がってしまうことありますよね。 広がるからスタイルが決まらない!朝時間がかかって仕方がないという方、実は静電気は広がるというだけでは済まされない問題なんです。
トリートメントの量は多いほうが効く?
女性のダメージヘアの改善にはトリートメントが欠かせません。このときのトリートメントの量は多い方が効きやすそうだけど、実際どうなんでしょう。
巻き髪に必須のアイロンコテの守っておくべき選び方
髪型でエレガントな雰囲気を演出できる巻き髪ですが、失敗すると髪の毛を傷めて魅力半減なんてことも。髪に優しいアイロンの選び方教えます。
冬だけ髪の毛に静電気がたまる方必見の対策教えます
冬場はなぜか静電気がたくさん発生しますよね。そんな季節限定で静電気が出てしまう方にオススメの対策方法を教えます。
抜け毛には頭皮マッサージはマスト!やり方公開します
女性の抜け毛には頭皮のマッサージが重要です。頭皮の血行とリラックスで髪のボリュームアップが可能です。
白髪ってなんで白くなる?遺伝性って本当?
女性の髪は美しさに影響するため重要な問題になります。髪の色が変わるメカニズムと遺伝性についてみていきます。
髪を洗うと髪の毛が抜けてしまうの大丈夫?
シャンプーした後で排水溝を見ると、髪の毛が大量に抜けている!?怖くて毎日洗うのをやめたり、軽く流す程度にすることはないでしょうか。その抜けが大丈夫か見ていきましょう。

シャンプーの選び方

ノンシリコン(レビュー・口コミ)

シリコン含有シャンプー

シャンプーの基本知識

髪のトラブルQ&A

管理人について

このページの先頭へ